MONEY

離婚した38歳女性。1人で老後に備える方法は?~Uさんの場合

うちの家計簿 世継 祐子

離婚した38歳女性。1人で老後に備える方法は?~Uさんの場合

目次

FPオフィス「フォルテシモ」へ依頼されたお客さまの家計簿を、mymo誌面で公開してアドバイスする【うちの家計簿】。今回のお客さまは、38歳の会社員Uさん。離婚してシングルになり、新しいスタートを切る女性です。

家計についてUさんから相談されたこと・・・

(Uさん談)離婚したことでライフプランが大きく変わることになりました。1人で生きていくことを考えるといろいろ不安になります。もうすぐ40代、これから老後のためにお金をしっかり貯めていきたいです!投資もしてみたいと思っています。今後の家計について、アドバイスをお願いします。

Uさんの家計簿は・・・?

Uさん家計簿1

Uさん家計簿2
「フォルテシモ」作成

手取りが29万3000円。ボーナスが年90万円あり、年間の手取りは440万円以上ありますが、現在あまり貯蓄がありません。老後資金を貯めて、日々も生活も楽しみながらこれから生活をしていくにはどのようなことに気をつけていけばいいか確認しましょう。

まずはライフプランを立て、現実を把握しましょう

将来に不安を抱きながらお金を貯めようとしても、先の見えない暗いトンネルを進むようなもので、貯め始めても不安がなくならず途中で挫折してしまうことも少なくありません。まず、大まかなライフプランを立ててみましょう。平均年収が400万円前後の人なら老後の年金額は、社会保険料などを差し引くと年145万円くらい。月額12万円程度となります(※一定の条件のもとに算出した目安学であり、実際の支給額を約束するものではありません)。

Uさんは「今の住まいにずっと住み続けたい」というご希望をお持ちです。12万円から現在の家賃7万2000円を支払うと4万8000円しか残らず、かなりシビアな生活が予想されます。老後も自分の本当にやりたいことを続けるには、お金を貯める必要があることが目に見えてわかります。まず現実を「見る」ことが大切です。

本当にやりたいことは?自分軸を持つ

ヨガ
【画像出典元】「iStock.com/Pinkypills」

「これからどうしても続けたいことは何ですか?」と伺うと「ヨガ」と即答されました。

「ヨガ」を退職後にも継続できるように、まず支出を抑えることから始めましょう。人と比べず「自分がどうしたいか」の自分軸を明確にすることで、ココロにゆとりが生まれます。交際費や美容・被服費は今までなんとなく支出していたのであれば、その部分を予算内でやりくりすることを考えてみましょう。

「なんとなく支出」を止め、月5万円貯める

交際費、美容、被服代に現在月10万5000円程度かかっているので、これを半分に抑えられれば毎月5万円貯めることができます。

積立
【画像出典元】「iStock.com/Jaruwan Jaiyangyuen」

60歳まで金利0.01%で貯めると22年で1321万5189円貯まります。金利が1%のもので積み立てると1482万9780円となります。金利も上手に味方につけて、資産形成していきましょう。

つみたてNISAなど、初心者でも始めやすい制度も今年からスタートしているので、自分に合った金融商品を選び、リスク分散をして資産形成に励みましょう。

注意点としては、がんなど重い病気になると収入が減ったりすることが考えられるので、そのようなときも継続できるような商品を組み合わせておくこと。シングルの場合、収入減は大きなダメージになるのでしっかり備えておきましょう。

Wallet+を使って

wallet+を使って

交際費、美容、被服費は別に財布を分けることが大切です。目的預金で5万5000円、毎月別に分け、そこから必要なときに引き出して使うようにすれば、考えながら使うことができます。5万5000円ずつ1年使うと66万円。この金額は使っていいんだ!と意識してください。使える金額を意識するために、目的預金機能を使ってみてください。

家計簿診断を終えて

部屋でリラックス
【画像出典元】「iStock.com/chinaface」

離婚は本当に大変なエネルギーを必要としますね。これからの人生を「思ったほど悪くない。結構いいぞ!」と思えるように、確実な一歩を踏み出しましょう。最初の一歩は、しっかりと大きく歩幅をとってみてください。一歩踏み出せれば、続けてニ歩三歩と自然に歩き出せます。

お金は「なんとなく」使わず、「よく考えて」使いましょう。お金の使い方は生き方につながります。大丈夫!あとは実行あるのみです。応援しています!

App store
Google play