LIFE

和室にも洋室にも!おしゃれな「ちゃぶ台」を簡単DIY!!

DIYライフ ゆぴのこ

和室にも洋室にも!おしゃれな「ちゃぶ台」を簡単DIY!!

目次

こんにちは。DIYerのゆぴのこです。

ホームセンターにはDIYに役立つ金具やパーツがたくさん売っています。

木材に取り付けるだけで簡単に本格家具も作れちゃうので使わない手はないですよね!

今回は、折れ脚金具を使って簡単に作れるちゃぶ台を紹介させていただきます。ちゃぶ台って和のイメージですが、これが意外と洋室にも合うんです♪

●材料

多くのホームセンターには有料で木材のカットサービスを行っていますので、全ての材料を事前にカットしてもらえば簡単です。円形には対応していない場合もありますので、要確認を。自分でカットするのが難しければ、円形ではなく正方形のちゃぶ台にしてもOKですよ!

ちゃぶ台の材料

・赤松集成材(25×910×910㎜)・・・1枚
・2×4材(38×89×275㎜)・・・4本
・ホワイトウッド材(19×30×505㎜)・・・4本
・折れ脚金具・・・4個
・ビス(41㎜)・・・12本
・お好きな塗料
※仕上がりサイズΦ900×H300㎜

●作り方

線を引く

赤松集成材に長い木材などを使い、X対角で線を引き中心を出す。

印をつける

中心から半径450㎜の円を描き、X線の円から45㎜の位置に印を付ける。

※印は濃いめにつけましょう。ペイントすると消える場合があります。もしくは、予め脚を位置決めして、ビス穴をあけておきましょう

ドリルで穴を開ける

ホワイトウッド材の両端を45度カットし、側面に6㎜ドリルで深さ10㎜の穴を3か所ずつ開ける。

金具で固定

すべての木材をお好きな塗料でペイントし、印をつけた部分に脚を合わせ、折れ脚金具で天板と固定する。

ホワイトウッド材を合わせる

脚と脚の間にホワイトウッド材を合わせ、穴からビスで固定する。

完成

あっという間に完成です♪♪

折り畳める

使わないときは折り畳んで収納できます。

持ち運ぶときは、ホワイトウッド材の部分が持ち手にもなりますよ!

和室に置く

和室に置いてみる。

畳や障子ともなんの違和感もなく馴染みます( *´艸`)

落ちける和室に

とてもシンプルで素朴だけど、ちゃぶ台ってあるだけで落ち着きますね。座っているとお茶とせんべいが欲しくなります。

しかし!

ちゃぶ台は和室のイメージが強いけど、洋室にも・・・

洋室にも合う

合うんです♡

これが意外と。

塗料の色を変えるといい

洋室でお使いになる場合は、ツヤのないタイプの塗料で仕上げ、色味も赤みを抑えた色味をチョイスするとよいと思います!

逆に和室には赤茶系のお色でツヤを出すと「ザ・ちゃぶ台」な感じになります!

また飲食される場合は防水ニスを施すと撥水効果がアップしますよ♪(ツヤなしタイプもあります)

味わいのあるちゃぶ台

使えば使うほどに出る味わいも楽しみです( *´艸`)

和にも洋にも多用途で使えて折り畳める機能的なちゃぶ台、ぜひ作ってみてくださいね!

※【画像出典元】いずれも「ゆぴのこ」

App store
Google play